物理法則熱エネルギーによるダイエット方法

物理学に精通している人なら常識だと思うが、エネルギーを一番使うのは熱エネルギーである。車輪を回したり重いものを高い所まで持っていくエネルギーより温度を上げるエネルギーの方が高い。人間も例に及ばずこの物理法則に従っているのであるが、これを知らない人が多い。人間の体温は35〜37度ぐらいである。この温度を保とうとする生命維持活動をダイエットに利用できるのだ。つまり、気温が低いと体温を保とうとして余計にエネルギーを使うので出来るだけ平熱より低い温度環境に身を置くことで自然と生命維持のために熱エネルギーを体が使う。これを利用してダイエットするのである。先ほども申したように熱によるエネルギーが一番大きいので、脂肪という人間の貯蓄エネルギーを熱エネルギーという形で消費してくれる。これはもちろんだが冬に効果が大きい。冬に痩せやすい事はこの物理法則を知っていると容易に想像できるのだが、なかなか知らない人が多い。さて、脂肪という貯蓄エネルギーを生成されるのは炭水化物の過剰摂取により作られることはご存知だろう。この炭水化物を制限した、俗に言う糖質制限をかけた状態で熱エネルギーを活用したダイエットをすればあっという間に痩せれる。具体的には風邪を引かない程度に薄着し暖房を使わない、その上で糖質制限した食べ物を意識して摂取するとよい。もちろん体に負担はあるので自己責任で実行して頂きたいダイエットであると添えておこう。間違っても寝る時に布団を被らないで寝るなどしないで頂きたい。過ぎたるは尚及ばざるが如しである。ベルタ 直営店