集まり一種における交流が駄目視受ける魅力を、普通私たちは最後まで理解することができなかった

身は見事に墓穴を掘った。身とM・Tはそれぞれ疑心暗鬼になっていた。
(……考え過ぎだよ、お前。わかった。自身が悪かった。こういう対話はこれで終わりにしよう)
 お互いの言い分が図星だったとしても、そうでないにせよ人の内心など自身ですら思い付か売り物なのかもしれない。
 M・Nはいまだに熱弁を奮っていた。
「先程も言いましたが恋愛なら他で下さい」
 S・KとM・Tは揃いも揃ってM・Nに突っぱねられてしまった。S・KのパワーとM・Tの知恵をもってしても、M・Kの道場の根強い体制には太刀打ちできないらしき。人前とはなぜこんなにも窮屈のだろうか。身には民族内方におけるうり勝手な習わしというのがぐっすり理解できなかった。
「それが健全なものであっても駄目なんですか?」
 またとない状況です。ここは私も思い切って問合せを投げ掛けて見る。
 大勢の沈黙に包まれる間、M・Nはちょっぴりのあいだ意識を捻って考え込んでいた。
(あそこにおるカップル、自身の幼馴染です)http://www.sandlerltd.co/

塩化ナトリウムなどについて勉強をしていた

物質などについて勉強しました。溶けたときの物質の粒のようすは、溶液は透明です。溶液の濃さはどの部分も同じです。溶液は放置してももとにはもどりません。次は、水溶液の性質についてです。塩化ナトリウム水溶液(食塩水)は、色は無色です。においはありません。リトマス紙の変化はありません。ほのおの色(炎色反応)は黄色です。鉄を入れたときは変化はありません。硝酸銀水溶液を加えると白い沈殿ができます。硫酸銅水溶液は、色は青色です。においはありません。リトマス紙の色の変化は青色から赤色になります。ほのおの色は青緑色です。鉄を入れたときの変化のようすは液の色はうすくなり、鉄は赤くなります。アンモニア水と混ぜると白い沈殿ができ、液は濃青色になります。塩化バリウム水溶液は、色は無色です。においはありません。リトマス紙の色の変化はありません。ほのおの色は黄緑色です。鉄を入れたときの変化はありません。硫酸銅水溶液と混ぜると白い沈殿があります。とても勉強になりました。http://www.meditationinmarin.org/