北海道不明の男の子、セキュリティー保護され、安堵の想い!

迷子から7日経って、やっとこ発見されましたね。探究員や自衛隊の各地の集中が実って意外とよかったです。私も輩を持つ父兄として、さらに気になっていた報告でした。小学生2年生の子が自力で山々を越えたにしても、それはそれは単独ですし寂しかったし、不安だったと思います。ましてや、山だ売り物ね。多雨も降ったことですし、低体温症などの心配もあります。ごはん面も栄養を摂取していなかったとしたら、落ち込みすることと思います。実際いのちがあってよかったです。その心中を思っただけでも涙があふれみたいになりました。自ら実に頑張った主旨、気力の強さ、はなはだ嬉しい乳幼児だ。父兄も「しつけ」の内としての主旨だったと思いますが、今日、いのちあって乳幼児の大切さを実感したことと思います。今回の報告は、いのちの大切さを実感するとともに、輩を持つ父兄としては、みなさんが何かしらを学べる報告だったと感じます。背中脱毛